こころ清々しく


周囲がどうであれ。

自分が自分の心に後ろめたくなければ
基本OKなのかな、と思う。

当然、ある限られた範囲での話にはなるケド。

この範囲が曖昧なのは多少仕方ないとして。

そこも含めての”心”とも言えるのかな。

他者の中に自分を見る、という考え方も
あるけど、他者の中にだけ自分が存在
しているわけでもないよね。

時として。

人は他者にのみ、自分を見つけようと
してしまう。

平たく言えば、
「自分がどう思われているか」ということに
心奪われ、それが評価の全てとなってしまう、
ということ。

その人はその人の好きなように思う。

そして、人はそれぞれに好きなことを思う。

その本心を、他人が知りようもないし、
第一、その誰かの思いが自分の正解
ということでもないし。

100の思いの中には相反することも
あったりするし。

だからこそ、自分は自分をどう思うのか?
ということも大切やと思うねん。

コメントを残す

サブコンテンツ
  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter

このページの先頭へ