ゲームと仕事の価値


もの凄いTVゲームが好きで、何にも変えがたい
至福の時が、家で一人TVゲームをしている時間
だったりするねん。

けど、日がな一日中ゲームをしていると、
どこからも収入がなかったりもする。

まさに「生きるべきかゲームをし続けるべきか、
そこが問題だ」という状況に至ってしまう。

冷静に判断するなら、ゲームは生きていてこそ
出来るシロモノということやなぁ。

だから、そのゲームをするためには、
ある程度は真面目に働く必要はある。

けど、時たま耳にするような「仕事が生きがい」
「仕事こそ最大のゲーム」という感性にまでは至らない。

何か幸せを得ようと思うとき、ただ闇雲にそこへ
向かうことだけが、幸せへの道とは限らないし、
案外、「幸せだ」と自分が感じていることは、
錯覚かもしれへん。

もしかして、仕事をしたくないがための
逃避やった場合、どうなんやろうか。

その仕事自体がイヤで、そのことの自覚が足りない
ばかりに「ゲームをすると幸せ」という幻想を描き、
そこに逃避することで、本来の仕事に対する問題点から
目を逸らしているにすぎないのではないか、ということや。

ちなみに。

私の次女は「働くのは楽しいでー!」と
楽しそうに語る、超・ゲーマーなんですケド(笑)。

まじめに仕事はしているようです。

コメントを残す

サブコンテンツ
  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter

このページの先頭へ