外的刺激に対する依存症に注意


常識や通念に凝り固まってしまうと、自分が薄くなって、
不満が大きくなってしまうから要注意かもしれない。

その一つに「いいこと」が常に外部に存在するという
思い込みによるパターンがある。

これは、外的要因に刺激を求めた結果起こる、
麻痺現象、あるいは依存現象とも言える。

つまり、辛い香辛料ばかり使ってた場合、最終的には
少々の刺激では物足りない、または慣れてしまって、
味覚神経が麻痺するのと似てるかもしれない。

人は、頑丈に出来てるから、刺激には
意外に耐性があるんや。

または緩和させようとあらゆる機能が働くとも言える。

ドーパミンやノルアドレナリンやエンドルフィン効果
なんかは良く知られているわけで、まぁ、平たく言えば
麻薬効果のようなもんで緩和させるんですね。

ただ「人は学習する(慣れる)」

だから、刺激を与えられる立場を当たり前として生きていて、
さらにそれを「楽しい」とか「嬉しい」と思い込んで
いる場合、当然、感覚が麻痺して、「もっと、もっと」
となるんやろうなぁ。

もう、一種の依存症というか感覚麻痺状態に近いかも。

なので、心が麻痺していると、
「今、まさに自分が体験している出来事」を
認識(知覚)できなくなってくるのは分かると思う。

熱いものばかりを触っていると、熱さに慣れる
(鈍感になる)のと同じ仕組みやなぁ。

自分の心は常にフレッシュさを保っておきたいな、
と思っていたりするねんケド。

コメントを残す

サブコンテンツ
  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter

このページの先頭へ