「良いこと」の定義って…。


「ツイてない」って思うようなとき、落ち込んでいるとき、
「何か良いことないかなぁ」とため息混じりに
思ってしまうことって普通にあると思うねん。

ただ、ここで「じゃぁ良いことって何?」って考えてみると
なかなか明確に答えがなかったり(笑)。

とは言え、
「楽しいと思うこと」「嬉しいと思うこと」「幸せだと思うこと」
こんな感じだと分かりやすいんかなぁ。

ただ「自分にとって”都合の良いこと”」ってなると
ちょっと話がややこしいかなぁ、って思うねん。

これは「誰かにとって良いことは、誰かにとって悪いこと」
という場合もあるってことを考えておく必要があるかもねぇ。

まぁ、いずれにしても。

「良いこと」は常に自分の中にある自分の感性や感覚なので、
外から勝手に与えられるものと思っていると、
ちょっと勘違いな人生になりそうかな、って思うなぁ。

誰かに無理に「与えられること」を求めるものでもないって
感じかな。

嬉しいとか楽しいとかいう感情は、自分が感じて
初めて成立する感覚で、自分が自発的に感じない限り、
存在しえないということで。

とっても極端な言い方をすると
「作り出す」に近い感じ??

例えば、皆が面白いと思って爆笑するような漫才を
見たとしても、自分にとって面白くなければ、
それは面白いものではない、って感じ。

「面白い」と自分が思わないかぎり「笑えない」。

「良いこと」もそれと同じかな。

自分から自発的に「良いことやわ~!」と気づき
その喜びを感じようとすることから、
「良いこと」が発生するわけで。

当然、その現象が他人からもたらされる幸せって
いうものがほとんどだったりするので
そういうありがたい想いは感謝して「受け取る」。

「ありがたいなぁ」って”感じる”ことが大切なわけで。

「ありがたいなぁ」が「良いこと」だったりすることは
案外多かったりしますね。

何でも「当たり前」と思っている人ほど、
実は「良いこと」が少なみたい…。

何となくそう思うねんケド…どうなのかなぁ。

コメントを残す

サブコンテンツ
  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter

このページの先頭へ