心晴々でいいかも


例えばその人個人は単純思考のつもりでも、
実際の自分の本心を知ろうとすると、
意外に骨が折れることに気がついたりするねん。

これは、心の精査をするという環境がないので、
訓練されてないから、ということかな。

マニュアル志向の影響もあるのかな。

差し替えられた感情、差し替えられた本心、
差し替えられた人格を、「自分」と
認識してしまうことに気がついてないのかも。

かと言って、例えばマインドコントロールみたいに、
本当の自分がないような状態でもないねんけどな。

ただ、厳密には、一般に思われているような
マインドコントロールというのは存在せず、
ただ、マインドの中にコントロールしている側と
同調する要因が存在している、ということのようで
はあるケド。

まぁ、とにかく。

感情と本心は別な時がある、とか、思考と本心は
別な時があるとか、そんな感じかな。

だから、その自分の本心と培われた感情や価値観
みたいなものの心や思考の住み分けを見極めるまでが、
ちょっと複雑になってしまうことがあるのかも。

日本人の「本音とたて前」はあまり良い意味で
使われていないように思うケド、実はコレ、
大事やったんやなぁ、と、気がついたりもする。

つまり「本音(本心)は絶対に見失わずに
持っている状態」ということと
「周囲環境、集合意識の中で、調和をとるための
思考や言動」が存在した、ということやと思うねん。

こういった心の仕組みがかつての日本には
存在いていた、ということの証明かな。

本音とたて前の負の部分というか詭弁の解釈として
「嘘はいけないよ」という解釈が一般的かもしれない。

けど、本来の意味は
「本心を見失わずに、調和をとって行動せよ」
ということではないかと思うねん。

何が正しいか、という自分の筋を一本引いておけば、
それが自分の基準となる。

この基準を他の何にも求めず、何とも比べず、
ただ、自分の心が晴れ晴れとするような指針を
見つけるといいかもしれない、と思うねん。

コメントを残す

サブコンテンツ
  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter

このページの先頭へ