そつなく愛される女の掟。


愛されキャラも、ただ「ボーっと」
生きているわけではありません。

ちゃんと愛される理由があるのです。

愛されキャラの絶対の基本形は
「笑顔」「気配り」
これは誰にでも分かっていることですよね。

でも、案外実行に移せている人は少なかったり
するんです。

例えば「気配り」も自分本位、すなわち
自分がしてあげたいこと=気配りだと
錯覚しがちです。

あとは「周囲から目立つこと、分かりやすいこと」
だけをしようとする。

これも気を配らないよりは、良いと思います。

ただ、気配りとは、誰かに分かってもらうために
するのではないのですよ。

例えば、気配り上手な人、気を配ることが
好きな人が同席した場合、どうなるでしょう。

気配り合戦になるでしょうか?(笑)

そういった人が一緒の場合はあえて譲る気配りが
大切なのです。

ただ、あなたはその人の気配りに気づいている。

だったら、他の人が分かるように
さりげなく宣伝してあげれば良いんじゃないでしょうか。

「○○さんて、ホント良く気がつきますよね~!」

と、褒め言葉で宣伝してあげましょう。

また会話の少ない人、注目度の少ない人がいたら、
会の中でまんべんなく参加できるように
注意をはらうことも、立派な気配りです。

ところで、今の話、○○さんならそう思いますか?
と、話す機会を作ってあげる。

そつのない愛されキャラの人って、
以外にこういった地味な気配りを、誰に
知られることも無く、笑顔でやっていたり
するんですよ。

でも、結果「あの人、感じよいよね」とか
「優しいよね」とか言われてたりするから
不思議なんですよね。

人って、「何がどう」と明確でなくても
そういった見えない人柄みたいなのを
感じ取ったりするものなんです。

逆に言えば、「表面取り繕っても、内面見透かされる」
っていうこともありますから、気配りは
人気ポイントを上げるためにするのではなく、
心から愛情を持って行うしかないのですケドね。

あとは、自分の美学でしょうね。

美しい気配りがどこまでできるか?とか、
参加者全員が平等に楽しめているか?とか、
あくまでマニアックな楽しみ方ですケド(笑)。

コメントを残す

サブコンテンツ
  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter

このページの先頭へ