会話を10倍楽にする!木戸に立てかけし衣食住の使いこなし術。後編


昔から日本で愛され続けている
「あたり障りのない大人の会話」の王道11選。

前回に引き続き、残り5つをご紹介します。



・「け」…健康。

『何だかスポーツとかされていらっしゃる感じですね』
と、相手の体格や肌の日焼け具合などでは
会話に繋がることもあります。

ただ、一歩間違えると「スタイル」というような
美容的な方向へ流れてしまい、もし相手が
何かスタイル的にコンプレックスがあった場合、
非常にまずい流れを作る可能性も秘めています。

他に話せるネタがあるはずですので、
初対面の男性に対してわざわざ使わなくても
よいかもしれませんね。



・「し」…仕事。

『どういったお仕事されてるんですか?』
までが、限界でしょうか(笑)。

婚活などの場合、収入重視の女性は敬遠されがち
だと聞きます。

あなたはそんなつもりなく聞いたとしても、
相手が過敏になっている場合もありますので、
そう取られないよう配慮しながら聞くように
したほうが良さそうです。



・「衣」…衣服。

『お洒落ですね』と漠然とした言い方よりも
『そのジャケットの色、お似合いですね』
など、ポイントを明確にする方が、
知的な印象を与えやすくなります。

小物やアクセサリーに拘っていそうな相手なら
その部分を褒め、『なんだかアジアンなブレスですね』
という感じで、相手が話しやすい会話ネタの
材料にしていきます。



・「食」…食べ物

ある程度会話が進んだ状態で、なおかつ
「もう一押し」に使われることが多いようです(笑)。

『駅前すぐのところにお洒落なバーがあったん
ですけど、ご存知ですか?』

「あぁ、知ってますよ。良かった今度一緒に
いかがですか?」

という感じでしょうか。

特別、デートを意識しなくても、ご当地名物、
旅行先で見かけた珍しいお土産など、
食べ物の会話は、無難に相槌が打てて、
会話がスムーズに流れやすいネタの一つでしょう。



・「住」…住居

『○○にお住まいなんですか。私も以前○○に
住んでいたんですが、あの駅前のスーパーの
お惣菜が大好きで…』と、共通の話題が提供できそうで
あれば、「ご当地ネタ」で暫くは間が持ちます。

また、人は「コミュニティ意識」がありますので
「同じ空間(情景)を共有」することで
親近感が格段に上がります。

相手の住居があなたにとって「知っている場所」
であった場合は、出来る限り話に乗っていく
と、会話が楽になります。



会話は特に「気の利いた話」をする
必要はありません。

一番大切なのは「聞き方」です。

心から相手に関心を向け、楽しんで聞く。
それだけです。

ただ、少しコツがあるとするなら、

「あなたはどうですか?どう思いますか?」
「それは何ですか?どういうことですか?」

など、相手の関心があることに対して
関心を持って「教えてもらう、問いかける」。

つまり「相手が話しやすい話題を相手の
話す内容の中から見つけ、それを提供する」
ということです。

慣れれば難しいことはありません。

注意深く、相手の話に耳を傾けてみてくださいネ。

コメントを残す

サブコンテンツ
  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter

このページの先頭へ