男運が良くなる実用的なお手軽ワード6つ(後編)


前回に引き続き、あなたの男運をアゲる
ワード集の後編です。

後編をお伝えする前に、簡単に前編・後編の
共通ポイントのおさらいです。

ワードの効果を最大限引き出すためには、
「不満・愚痴・否定」は避けて、「笑顔」と「配慮」
に重点を置くように心がけてくださいね。



・お手軽ワード4.「ありがとう」

言っていそうで意外に言えていないのがこのワード。

見逃す…というか、勘違いしてしまうポイントは
「してもらった感」の温度差です。

明らかに「助かった~」と思う出来事に
対しては、誰でも「ありがとう」と心から言えるものです。

ただ、「当たり前すぎる出来事」に、人は
たびたび感謝の気持ちを忘れてしまいがちになります。

例えば「当たり前すぎるデート」。

楽しくて当たり前、優しくて当たり前、傍にいて当たり前…。
実はこのどれもが本当は当たり前ではないのです。

つまり、彼があなたに与えてくれる「想いや行動の全て」が
あなた一人では得ることの出来ない出来事…ということです。

なので。

「今日は楽しかった!”ありがとう”」

「ごちそうさま!”ありがとう”」などなど。

日本人は感謝するべき場面でついつい
「貴重な時間を使わせて”ごめんねぇ~”」という感じで
言葉を濁してしまいがちなところがありますよね。

これはこれで、私たちは「美しい曖昧文化」だと思っています。

ただ、「ごめんなさい」と「ありがとう」を上手く使い分けることで
より、男運をアップさせることができますので、
「感謝できる場面は素直に”ありがとう”と言う」ことを
オススメします。

「貴重な時間を使ってこのサイトにご訪問いただき
“ありがとうございます”」



・お手軽ワード5.「ごめんなさい」

「ありがとう」のところでも少し触れましたが、
謝るべき場面では素直に「ごめんなさい」と
言えるかどうかで男運は変動する…と言っても
過言ではありません。

大人社会に馴染んでくると、意外に人は
言い訳が多くなることに、あなたはお気づきでしょうか?

仕事に追われ、人間関係に追われ、慌しく流れる
時間の狭間に、知らず知らずのうちに誰もが
「他者への思いやりの心」を置き去りにしてしまいます。

そうして他人を雑に扱うことに慣れた大人は
同時に他人から雑に扱われることにも
慣れてしまうのです。

そういった日常では、ついつい「自分を守る手段」として
また「自己主張の手段」として「言い訳」が
多用されてしまうようになります。

確かに。

相手が誤解をすることも多々ありますので
「言い分」というものは必要です。

ただ客観的に「自分が謝るべき状況」の場合は
潔く「ごめんなさい」を言うことはとても大切です。

さらに、相手が「ごめんなさい」と謝るような場面では
いきなり怒るのではなく、まずは「なぜ?」と、相手に
そうなった(そうしてしまった)理由を訊いてあげるように
すると、さらに効果がアップしますので、覚えておくと
便利です。



・お手軽ワード6.「です。ます。」

例えば合コンなどで言ってしまいがちなのが
「○○じゃないですかぁ~。だから…」という口癖。

これは、会話の内容と使い方によっては、
場が盛り上がることもあるので、かえって緊張する
初対面の場で使ってしまうので、要注意です。

特に「私って、○○じゃないですかぁ~。だから…」とくると
「??君のことなんて知らないし」とドン引きされることになります。

明らかに全員が同意できる内容意外では、
「○○じゃないですか」を使うことは避ける方が良いでしょう。

大人社会、特に初対面での会話での「常識度」は
好感度を上げるためにはとても重要です。

さらに昔から「第一印象が肝心」と言われる通り、
人は第一印象でその人の人格を決めると言っても
過言ではありません。

男運をアゲていこうと思うのであれば、
まずは「世間一般ウケ」のキャラでスタートすること
安全・確実です。

最初のスタートが出遅れては、イバラの道を
辿るだけ…ということは明らかです。

人柄や個性は、「会話や様子」から徐々に
分かり合えるもの。

ここは普通に

「私は○○なんです。なので…」

「それは○○だと思います。だから…」

と、常識的な大人キャラで行きましょう。



とりあえず、実用的で簡単に使えるワードを
6つご紹介しましたが、いかがでしたか?

「こんな時はどうすればいいの?」という質問など
ありましたら、お気軽にメールでお問い合わせくださいネ。

コメントを残す

サブコンテンツ
  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter

このページの先頭へ