道志の湯へ行ってみたよ(神奈川県)


この日は埼玉から大阪に帰る途中に通りかかった、
神奈川県の「道志の湯」へと立ち寄りました。

相模原と山中湖を結ぶ国道413号線で案内看板を発見、
その看板が示す沢道をクネクネと進むこと数分…。

夕方とはいえ街灯も少ない暗い山道、少々不安な気分になってきたところで、
ようやくそれらしき看板が(笑)。



IMG_6566



うっすらと雪が残る夜の山道に見える温泉の看板は、
それだけで何故か心がホッと落ち着きます。

施設は予想していたよりもこじんまりした佇まいで、
さらにワクワク感が高まります!



IMG_6564



規模の小さい温泉は地元民の”銭湯”となっている場合がほとんどで、
しかもこの日は平日、かなり「入浴人口密度」は低いはず(笑)。

靴箱の鍵を受付に渡すと、脱衣所のロッカー・キーが渡され、
精算は帰りに行うシステムです。

この「道志の湯」は村営の温泉で、一般・大人の入浴料金は600円、
村民だけでなく横浜市民であれば割引料金があるようです。

館内案内は、こんな感じ。



IMG_6561



どうやら男湯・女湯が固定のようですね…。

入浴に関する総面積(浴槽の広さや個数)に、古い時代の名残を
感じずにはいられませんね、男湯の方が広いし!(笑)

まぁ、ほとんどの温泉がそうなんですケドね。

特に古い温泉などは、ほぼ、男湯の方がすべてに
おいて、優遇?されていますよね。

ただ、例えば小さな子供がいる家族連れなんかの場合、
子供はたいてい男女問わずお母さんとの入浴が大半で、
まず、それだけで密度が上がるのにー、とか、思っちゃいますね。

ですので最近では、男湯と女湯を日替わりあるいは週替わりで
入れ替えるところも増えてきているようですが。



と、男性優位のシステムに対してのぼやきはこのくらいにして、
温泉に話を戻しまして(笑)。

予想通り「ほぼ貸し切り」状態での入浴です。
平日の地域密着型温泉の最大の楽しみはココにあるのですよー!

手足を存分に気兼ねなく伸ばしての入浴は、もう、それだけで
長旅の疲れが癒されちゃいますー。



「道志の湯」の泉質はカルシウム・ナトリウム硫酸塩泉、
温泉臭はほとんどなく、ヌルヌル感もなく色は透明です。

たまに衛生面の配慮により、塩素臭のある温泉もあるのですが、
道志の湯では塩素臭は感じませんでしたね。

さて、お目当ての露天風呂は…
ヒノキと陶器の壺?風呂でした。

陶器製の壺風呂?は3個ありましたが、この日の稼働は1個のみ、
源泉温度が低くボイラーで沸かして使用しているようなので、
おそらく省エネというトコロでしょうね、公共施設だし。

近年リニューアルしたということで、まだ新しい感のある
ヒノキは綺麗で、ヒノキの良い香りを堪能できました。

ただ、コチラの露天風呂、しっかり壁と屋根に覆われているため
空は全くと言ってよいほど見えず、その空間自体は広いものの
開放感はありません。

ただただ外気と石床の異常な冷たさを満喫(要は寒い室内)です(笑)。



お湯に匂いも色も感触も感じないので、入浴中は少し頼りない
気がしますが、上がってみればしっかりと体の芯から温っていて、
さすが温泉!といった感じで、しっかりと長旅の疲れも取れました。



IMG_6559



館内には休憩スペース、マッサージチェアー(有料)や食堂、
お土産ものの販売スペースもあります。

きっと、地元の方々の憩いの広場となっているのでしょうね。



IMG_6558



幸せなひと時を過ごさせていただきました。ありがとうございましたー!




**愛車YAMAMORI号で、いつでも・どこでも・どこまでも!**

私たちが道中で見つけた「オモシロイ」をテキトーに綴った旅日記
「大阪発~車中泊で行く!やまもり計画珍道中」はFBにて公開中~!

コメントを残す

サブコンテンツ
  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter

このページの先頭へ