失恋での心の不快感をなくす方法


悲しい、辛い、苦しい、怒り、挫折、etc…。

失恋によって心に残る様々な感情。

これらがない交ぜとなったような、
表現しようのない不快感がぬぐえない
こともあるでしょう。

失恋の理由が何であれ、
あなたの心に今なお残る「不快感」。

せめて、その心の不快感をなくすことが
できれば、ずいぶんと楽になるのでは
ないでしょうか。

失恋での感傷に浸れるほど暇でもなければ
子供でもない、大人女子の日常において。

一日も早く立ち直らなければ、とか、
一刻も早く忘れたい、とか。

誰もが不快感を持ちたくないのは
当然のことでしょう。

ただ、その不快感も人として生きる上では
必要な感情であることは、あなたも
良く分かっていることだと思うのです。

人はそういったネガティブとも呼ばれる
感情を知らなければ、喜びを感じる
こともできません。

ですので、その漠然とした不快感自体は
人の摂理として、日常の暮らしの流れの
自然に任せれば、いつかは癒されるものなのです。

それは過去、私たちは様々に”嫌な経験”をし、
嫌な思いを体験し、そして忘れたり
あるいは学んだりしてきていることからも
分かっていることなのです。

問題は、その根本の原因です。

つまり失恋という事象によって、
「自分の何がどう傷ついたのか」
ということを具体的に認識することが
大切です。

例えばプライドが傷ついたのなら、
しっかり怒りや挫折を感じ、どういう風に
傷ついたのか?ということを知る。

喪失感が大きいならば
しっかり寂しさを感じ、どういう風に
寂しいのか?ということを知る。

少しでも早く失恋での不快感を解消
したいのであれば、「根本を知る」
ということ。

人は釈然としない事柄にはモヤモヤと
考え続けてしまいますが、納得(判明)
した事柄は、案外アッサリと手放す
ことができるのです。

「あぁ、そうか」って感じです(笑)。

嫌なことを思い出すことは苦痛に
思うかもしれませんが、たった一度の
作業です。

どうせ、今のまま過ごしても
当面は不快なままの状況が続くのです。

それならば。

一度、じっくり向かい合い掘り下げて、
サッサと手放すほうが、結局は
早く楽になれると思いますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ
  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter

このページの先頭へ