自分を理解する=他人を理解する


『大切なことは、自分が何を得られるか?ではなく、
自分は何を与えられるか?ということです。』




例えば、「優しい気持ち」で在るだけでは不十分で、
むしろ、優しさは人として当たり前のことです。

「優しい行動」「優しい言葉」といった、相手に対する
アクションを自ら起こすことが大切です。

「自分がされて嬉しいことを他人にしてあげましょう」
というような言葉もあります。

ただ、自分がどういうことを嬉しいと感じ、
何をどうして欲しいということが分かっていないと、
結局、他人に対して「何をどうすれば良いのかわからない」
ということになります。

つまり、自分を理解することが、他人を理解することに
繋がっていきます。



自分を理解する上で、
「自己に対する安心感」は大切です。

自分の価値を認めるために、他者の判断やアクションに
頼らない、つまり、自分が認められる自分、納得できる
自分になることです。



他人とのかかわりの中、「自分を分かってもらえない」
というときには、「自分も他者に対してそうではないのか?」
(他人を分かってあげていないのでは?)ということを
考える必要があります。

自分が正しい、自分は正しい。

この一方的な想いにとらわれず、素直な心で相手の考えや
気持ちに関心を向けて、一度、受け入れてみることです。

相手を受け入れることと、「しょうがない」と
諦めることは違います。

相手の立場にたって考えてみます。

「正しい、正しくない」ということより、そう在ることは
美しいか?そう在ることは幸せか?という判断もあります。



「自分はなぜ、そうしてほしいのか?」ということを
自分自身で理解することが大切です。

求めているものが意識化できていないと
行動がはっきりしてこないのです。

そのためには
「自分がどういう考えで動いている、どういう人なのか」
ということを自分自身で知ることです。

コメントを残す

サブコンテンツ
  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter

このページの先頭へ