会話を10倍楽にする!木戸に立てかけし衣食住の使いこなし術。前編


昔から日本で愛され続けている
「あたり障りのない大人の会話」の王道11選。

これを上手く使うことで、無理に会話をひねり
出す必要もなく、スムーズに会話が運ぶのです。

基本的には
「相手の会話から質問キーワードを探す」
ということが、当たり障りのない会話の
真の使い方、と言えます。



・「き」…気候・季節

『桜がきれいですね。紅葉が美しいですよね』
などから会話の糸口を作る。

『ここへ来る途中で、桜がきれいに咲いていて
思わず写メってしまいました。』「(相手)そうですか」

こんな感じで、まず季節の風情などで会話を投げかけ
相手の返事「そうですか」を聞いて様子を見ます。

気の利いた男性なら「あぁ、俺とコミュニケーションを
取ろうと思っているんだな」とピンと来て、自分から
何かを話し始めるでしょう。

「そうですね。桜と言えば小学校の入学式で…」などなど。

もし相手の「そうですね」で会話がとぎれそうであれば
次の段階、自分の感想や出来事などを
織り交ぜて、「あなたはどうですか?」というような
ニュアンスで問いかけ、会話が繋がるようにします。



・「ど」…道楽

『さっき映画が好きっておっしゃってましたよね?
最近でおススメの映画ってありますか?』

自分と同じ趣味なら好都合ですが、まったく
関心がない、分からない分野であっても大丈夫です。

分からない内容を聞く場合は、
「分からないので知りたい(教えてもらいたい)と
思って聞いてみました」という意図を伝えると
話がスムーズになります。



・「に」…ニュース

「今朝のニュースで見たんですけど…」
と、誰もが知っていそうなネタでの切り口です。

ただゴシップネタは下品な印象を与える
可能性もあるので、避けたほうが無難です。

できるだけ優しいポジティブな
話題で話していきましょう。



・「た」…旅

『お休みの日に旅行なんかは行かれますか?』
「そうですね。今は忙しくてたまに日帰り程度ですけど」
『どういうところに行かれるんですか?』
という感じですね。

相手が旅行に興味のないようなら、
すぐに話題を変える必要がりますが…。



・「て」…天気、天候

『帰りは雨模様みたいですよ』という感じで
これは「き(気候、季節)」とセットで
使われることも多い、便利なワードですね。



・「か」…家庭・家族

『私、2歳年下の弟がいるんですけど、何かと
生意気なんですよねぇ(笑)。』

という感じで、さりげなく「自分の家族構成」と
家庭の雰囲気を伝えるには良いかもしれません。

ただ、初対面の男性に、しかもいきなり
「あなたの家族は?」と切り出すと
「結婚をあせっているのか??」と引かれる
原因になることもあります。

ですので、家庭の話題は初対面の男性には
あまり使わないほうが良さそうです。

当たり障りのない会話の切り口では、
相手の返事(会話)の中に、次の質問を
どれだけ見つけるかが重要になります。

≪ーーー後編へ続くーーー≫

コメントを残す

サブコンテンツ
  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter

このページの先頭へ