片思いで苦しいときの有効な時間の過ごし方


片思いって、かなりエネルギーを消耗するわりには、
結構なエネルギーが蓄えられたりもするんですよね。

苦しいけど楽しい。辛いけど嬉しい。

今思えば、片思いも若い頃には
「ほろ苦さや甘酸っぱさ」を感じる余裕が
あったのかもしれない、とも思います。

でも、ある程度年齢を重ねると、意外に
苦しさを感じてきたりするから不思議です。

まぁ、それぞれに人生の経緯があったりしますから
仕方がないのかもしれません(笑)。

とは言え、年代問わず、恋心というのは同じですし、
今の瞬間の気持ちは大切にしたいものです。

ところで。

その片思いの状態を「どうしたいか」ということは
自分で決める必要があります。

思う人と結ばれたいのか、
ただ「思い」に浸っているのか
成り行き任せなのか、などなど。

どれが正解は当然ありません。

状況にもよるでしょう。

いずれにしても、ある程度「自分を客観視」すれば
行動できる範囲や方向が見えてくるのが
大人の片思いの利点です。

分析と言い換えても良いでしょう。

もしかすると「ただ見つめる恋」特有の
切ないような暖かいような時間の流れを
満喫することに、幸せが見つかる場合もあるのです。

あなたはその片思いから幸せに向かってくださいネ☆

コメントを残す

サブコンテンツ
  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter

このページの先頭へ